image
  • セキュリティ
  • ストラクチャー

セキュリティ

24時間365日と万一のときを見守る
安心のシステム。

セキュリティメイン画像

24時間365日受付
オンラインセキュリティシステム

共用部や住戸に設置した各種センサーで、24時間、365日、住まいとコミュニティの安全を見守るオンラインセキュリティシステムを導入しています。火災や設備の異常を感知すると、管理室や警備会社へ自動通報し、必要に応じて警備員が急行。関係各所への通報も含め、迅速かつ的確に対応します。

  • モニター付インターホン

    モニター付インターホン

    ハンズフリーでエントランスの来訪客を住戸内から画像と音声で確認でき、ワンタッチでロック解除もできるインターホンです。

  • 玄関ダブルロック

    玄関ダブルロック

    玄関ドアのハンドル上下2カ所に鍵を設置。不正解錠行為の抑止効果を構造的・視覚的両面から高めています。

  • ハンズフリーシステム

    ハンズフリーシステム

    ポップアップ型ハンズフリーキーをカバンやポケットの中に携帯していれば、ハンズフリーでエントランスドアを解錠することができます。(各住戸、ポップアップ型ハンズフリーキー2本・非接触キー4本)

  • 防犯センサー

    防犯センサー

    施錠中に窓が不正に開けられるとセンサーが感知。警告音を発するとともに警備会社等へ自動通報します。(作動には防犯システムのセットが必要です。)※玄関ドア(全住戸)・2F・19Fの開閉できる窓

  • 防犯カメラ

    防犯カメラ

    風除室やエレベーター内部など、共用部での要所に防犯カメラを設置。万一の防犯対策としています。

  • エレベーター監視モニター

    エレベーター監視モニター

    エントランス階(1階)のエレベーター前には、エレベーター内の様子が見えるカゴ内モニターを設置し、安全に配慮しています。

  • 管制運転機能付エレベーター

    管制運転機能付エレベーター

    地震の際には、初期微動をいち早くキャッチして、エレベーターを最寄り階に速やかに停止させ、ドアを開きます。

  • 防災備蓄倉庫

    防災備蓄倉庫

    万一の災害時に備えて、個人ではなかなか用意できない防災に必要なさまざまな備品を防災倉庫に常備しています。

  • エネルックリモコン

    AED

    緊急の救命活動をサポートするAEDを共用部に設置。万一の際、救急車の到着までの貴重な救命時間にご利用いただけます。

ストラクチャー

耐久性を高め、快適性を追求した
信頼の構造・設計。

  • 基礎工法

    基礎工法

    敷地内で実施した地盤調査に基づき、国土交通大臣認定の施工法(Hyper-MEGA工法)を採用。地中約26m付近にある強固な支持層まで46本の杭で、建物を支えます。

  • 対震玄関ドア

    対震玄関ドア

    地震で玄関のドア枠が変形しても扉が開くように、扉と枠の間にゆとりを確保しています。

  • 鉄筋のコンクリートかぶり厚・溶接閉鎖型フープ筋

    鉄筋のコンクリートかぶり厚・溶接閉鎖型フープ筋

    主要な構造部を構成する鉄筋を覆うコンクリートの厚みは、約30mm以上を確保。建築基準法で定める以上の厚みとし、経年劣化の軽減に配慮。また、建物を支える主要な柱には、主筋を束ねて耐久性を高めた「溶接閉鎖型フープ筋」※を採用しています。※一部を除く

  • コンクリート強度

    コンクリート強度

    暮らしの基盤といえる住棟躯体の主要な構造部には、設計基準強度30〜48N/mm²のコンクリートを採用しています。(外構等を除く)※1N/mm²とは、1m²あたりに約100トンの圧縮力に耐えられる強度を意味しています。

  • ダブル配筋

    ダブル配筋

    コンクリートの壁は、鉄筋を二重に組み合わせたダブル配筋として強度を高め、住まいの耐久性に配慮しています。

  • 外壁

    外壁

    外壁は、コンクリート厚約180mm+増打約20mmを確保した上に、仕上げまでの間に空気層を設ける二重構造となっています。※住戸部分のみ

  • 戸境壁

    戸境壁

    隣戸との間を隔てる戸境壁は、厚さ260mmのコンクリート壁に匹敵する遮音性能があり、隣戸間での生活音などの遮音性に配慮しています。

  • 二重床・二重天井

    二重床・二重天井

    メンテナンスや将来的なリフォームにも対応しやすい二重床・二重天井を採用しています。コンクリートスラブは厚さ約275mmのボイドスラブを採用しています。

  • シックハウス対策

    シックハウス対策

    化学物質による健康対策として、シックハウス症候群の一因とされるホルムアルデヒドの発散量が少ない建材を採用。住まう方の健康に配慮しています。

  • 住宅性能評価

    住宅性能評価

    国が指定した第三者機関の評価を受け、設計住宅性能評価書を取得予定です。建設住宅性能評価書も取得予定です。

  • 福岡市建築物環境配慮制度(CASBEE福岡)

    福岡市建築物環境配慮制度
    (CASBEE福岡)

    福岡市では、建築物環境性能表示を実施しています。「CASBEE福岡」の評価結果を活用し、建物の環境性能をラベル表示することで、環境配慮の取り組みをわかりやすく知らせることができます。

  • 施工管理体制の強化

    施工管理体制の強化

    施工品質のいっそうの向上を図るため、検査機関による検査に加え、独立した第三者も含めた独自の施工管理を実施しています。

※掲載のモデルルームの写真は2018年10月に撮影したものです。家具・照明・調度品・備品は販売価格に含まれておりません。なお、写真には一部有償オプションが含まれております。予めご了承ください。
※掲載の概念図は、本物件に採用されている構造・設備をご理解いただくための概念図です。実際とは異なる場合がありますので予めご了承ください。