天神エリアTENJIN AREA

※Image

福岡市の中でも人気の天神エリアは、
「天神ビッグバン」で、さらに進化を遂げる都心へ。

国家戦略特区による航空法の高さ制限の特例承認をきっかけに、
市独自の施策を展開して、
30棟のビル建替えを誘導するプロジェクト「天神ビッグバン」。
ビジネスやショッピング、憩いをはじめ、
人・モノ・コトが交流する新たな空間が創出され、
ますます魅力が増す天神を、ONもOFFも自在に楽しめます。

大規模事業が進行する
「天神ビッグバン」プロジェクト

1「天神ビジネスセンター」プロジェクト
「天神ビッグバン」の第1号案件として、天神・明治通りに開発されるオフィスビル。福岡初の大規模免震構造やITの設備など、ハイスペックなオフィス機能を備え、2020年度の竣工を予定して、事業が進められています。
2「旧大名小学校跡地活用事業」プロジェクト
「天神ビッグバンの西のゲート」と位置づけされた広大な旧大名小学校跡地に、地上24階建の高層ビルが計画されています。「ザ・リッツ・カールトン」をはじめ、公民館・保育施設・創業支援施設・広場などを整備する予定です。2022年12月頃の開業が予定されています。
3「福ビル街区」再開発プロジェクト
天神エリアの中心地にある「福岡ビル」「天神コア」「天神ビブレ」を一体的に建替え、再開発する構想。高層階に九州最大規模の賃貸オフィス、最上層の18・19階に高級ホテルなどが入る19階建の新たなビルが予定されています。
4「地下鉄七隈線」延伸プロジェクト
地下鉄七隈線の「天神南」駅から「博多」駅までが延伸。西南部からの移動だけではなく、都心部内での移動も便利になるほか、都心部の交通渋滞や地下鉄空港線の混雑の緩和にもつながります。2022年度の開業が予定されています。

その他のプロジェクト

  1. 5

    航空法高さ制限 エリア単位での特例承認
    (天神明治通り地区約17ha、旧大名小学校跡地約1.3ha)

  2. 6

    スタートアップカフェ

  3. 7

    天神1丁目南ブロック(地下通路整備)

  4. 8

    天神地下街仮設車路の有効活用

  5. 9

    水上公園

  6. 10

    交通混雑の低減に向けた駐車場の隔地化・集約化

  7. 11

    都心循環BRTの形成

  8. 12

    天神ビッグバンの奥座敷(西中洲)の魅力づくりに向けた道路整備と
    景観誘導

  9. 13

    春吉橋賑わい空間の創出

天神ビッグバンエリア地図
「旧大名小学校跡地活用事業」プロジェクト

※2

「旧大名小学校跡地活用事業」プロジェクト

※2

「天神ビジネスセンター」プロジェクト

※3

注目の集まる都市「福岡」の発展は、
さらに続きます。

「アジアの玄関口」として国際便も数多く就航し、九州の政治、経済、文化、ファッションやエンターテイメント、そして情報発信の中心として賑わう福岡市。
「天神ビッグバン」プロジェクトをはじめとする大規模事業が計画、進行され、ますます期待がふくらむ注目の都市へと進化が続いています。

※1掲載の写真は2018年7月に撮影したものです。  ※2提案時点のものでイメージです。 ※3各事業者の発表資料に基づき作成した内容で、計画は変更になる場合があります。 ※4九州大学箱崎キャンパス 旧工学部本館 総合研究博物館

お問い合わせはEQギャラリー
「インプレスト天神オークタワー」

0120-565-665