#01 我がままに暮らす

Gタイプ

自分のスタイル、生き方を素直に表現できる時代。
今、この瞬間にチャレンジした経験と、ちょっとした冒険の積み重ねが、人生を潤すのだと思います。自分の考えが何なのか、何を大切にしているのかを分かっていないと我がままにはなれないものですがその答えは多様にあり一人一人の中にあるものです。今回は、暮らしの中心であるリビングダイニングの在り方と、脇役になりがちなウォークインルームに着目しています。食事をする場所、ものを収納する場所という機能のための空間ではなく、その場所こそが内面的な暮らしの楽しみを刺激するような空間設計を行いました。

Gタイプ Gタイプ Theater Living Work&Utility Walk-in Wardrobe

Theater Living

Gタイプ

住まいの中で一番長い時間を過ごすリビングダイニング。内装は落ち着いたトーンに仕上げています。φ1200㎜サイズの大きなダイニングテーブルを囲いペンダントライトの灯りの下には小さなキャンドルを添えてゆっくりと食事の時間を楽しむ。max75インチのテレビが設置できるように壁面を用意していますので街が静まった頃合いに室内の照明も落とし、好きな映画を心ゆくまで鑑賞。そんな、自分だけの贅沢な時間をぜひご堪能ください。

Work & Utility

Gタイプ

従来の杓子定規的な仕切りは設けず、リビングから延長させた一つの空間。W1800㎜のデスクを設けているのでデスクワークはもちろんのこと、アイロンがけ等の家事を行う場所としても活用できます。空間を開放することで自分スタイルに合わせた、我がままにゆとりのある使い方が可能です。

Hタイプ完成予想図 Hタイプ完成予想図 Private Room Walk-in Wardrobe

Private Room

Hタイプ完成予想図

廊下を挟んで左右2つの空間を設けました。「バスルーム」「ベットルーム」「ウォークインワードローブ」が一続きとなっていますので、プライベート性が高い空間です。仕事や家事を終え、リビングでくつろいだ後にゆっくりお風呂に入り、眠りに就く前の時こそ贅沢な時間。翌日の身支度を整えたり、読書を楽しんだりしながら一日を振り返る時間にしてみてはいかがでしょうか。

Walk - in Wardrobe

Hタイプ完成予想図

通常、クローゼットの延長として収納の役割を担う場所ですが、ここ「ウォークインワードローブ」は、大切なモノにとっての居場所となる空間です。人と同じようにモノも時間の経過とともに歳を重ねて、味わい深くなっていきます。毎日身に着けるものや着こなす洋服をワクワクしながら選び、そして、選ぶことを存分に楽しめる空間をご用意しました。

日常の生活に潤いある灯火

Hタイプ完成予想図

今回は、間取りと同様に照明計画も丁寧に検討しました。食事の時間、お酒を楽しむ時間、映画を鑑賞する時間などシーンに応じて奥行きのある表情を演出します。一般的な照明計画では全体が一様に明るい設定にされがちです。「明るさ」という点では満足できる反面、必要以上に眩しくなってしまい、心地よい空間からは乖離してしまいます。このプランでは住まい手にとっての心地よさに重点を置き、機能面で明るさを必要とする箇所には光を与えながらも、そうでない箇所では光を絞った計画にしています。ダウンライトは、360度回転可能でスポットが内蔵されているタイプを採用。30度の振れ幅を持っていますので、ディスプレイやテーブルなど、お気に入りスポットを優しく照らすことができます。また、リビングと寝室には調光器を設置していますので、光の演出をしながら、夜景や夜の雰囲気も楽しんでみてください。

設計/mission Inc.

設計 / mission Inc.

福岡を拠点にアバンギャルドなライフスタイルの提案を
空間コーディネート・住宅リノベーションを通して行うデザインスタジオ。
モダンな空間演出を得意とし、全国のプロジェクトで活躍中。

主な実績

※掲載の写真は2021年1月に撮影したものです。家具・照明・調度品・備品は販売価格に含まれておりません。なお、一部有償オプションが含まれております。予めご了承ください。
※掲載の間取りは、計画段階の図面を基に描きおこしたものです。また計画上の変更に伴い、内容等が変更になる場合がございます。予めご了承ください。

TOPへ
資料請求へ
来場予約へ